緑内障

menu

一般眼科

緑内障

白内障

加齢黄斑変性症

糖尿病網膜疾患

涙道疾患

眼瞼痙攣

眼瞼下垂

翼状片

結膜弛緩症

小児眼科

花粉症

眼と全身疾患の関係

オルソケラトロジーmenu

西日暮里駅前コンタクト

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

西日暮里駅前こさか眼科では、緑内障に関する様々な検査機械を取り揃えております。院長が必要に応じ手術などの処置をいたします。

緑内障とは

緑内障は、眼圧等によって、眼球の後ろにある視神経が圧迫されて障害を起こし、視野が狭くなったり、部分的に見えなくなる病気です。


病気の進行をくい止めるために、眼圧を低くコントロールする事が有効とされています。
しかしながら、視神経は一度障害を受けると残念ながら回復しません。
また、正常な眼圧でも視野欠損が起こる正常眼圧緑内障(NTG)という病気もあります。

視覚障害の原因の第一位は緑内障です

視覚障害の原因を調べた厚生労働省の報告によると、平成元年に第一位であった糖尿病網膜症を抜いて、緑内障が第一位となり、視覚障害の原因全体の約25%を占めています。糖尿病網膜症や、お年寄りに多い黄班変性症と違い、緑内障は誰もがなりうる病気で、自覚症状がないため気づかないうちに病気が進んでしまうこともあります。

緑内障は気付きにくい病気です

一般的に初期症状で自覚されるものはほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多くあります。
視神経の障害はゆっくりとおこり、視野(見える範囲)も少しずつ欠損していくため、目に異常を感じることはほとんどありません。また、緑内障は加齢にともなって起こる病気だと思われがちですが、40歳から急増しており決して高齢の方だけの病気ではありません。

40歳になったら眼科専門医で緑内障の検査を受けることをお勧めします。

緑内障の治療

早めに発見し早めに治療すれば病気の進行を抑えることができます。当院では主に眼薬による点眼や内服薬による治療の他に、症状によってレーザー照射による治療も行っております。
医療機器は専用のレーザー光凝固装置を用いて行います。

クリニック概要

西日暮里駅前こさか眼科

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里5-14-1 太陽ビル4F

千代田線西日暮里駅2番出口より0分

フリーダイヤル 0120-53-2420

科目:眼科一般 ※生保・労災取り扱い


診療時間 日・祝
AM 10:00 - 13:00
PM 2:00 - 6:00
   

休診日 水曜・木曜・日曜・祝日