眼けん痙攣

menu

一般眼科

緑内障

白内障

加齢黄斑変性症

糖尿病網膜疾患

涙道疾患

眼瞼痙攣

眼瞼下垂

翼状片

結膜弛緩症

小児眼科

花粉症

眼と全身疾患の関係

オルソケラトロジーmenu

西日暮里駅前コンタクト

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

西日暮里駅前こさか眼科では眼瞼痙攣に対するボトックス治療を行っております。

眼瞼痙攣とは?

自分の意志に関係なく、両目のまわりの筋肉が勝手に痙攣(けいれん)し、目が開けにくくなる病気です。
眼瞼痙攣の症状は目に現れますが、原因は目やまぶたにあるのではなく、脳内から正しい指令が伝わらず、目の開閉がうまく機能しなくなるものです。


50~70歳代の特に女性に多くみられる病気で、まれに20歳代でも起こることがあります。
また女性が眼瞼痙攣を罹患する割合は、男性のおおむね2倍以上といわれています。
特別な病気のように思われがちですが、普通に生活している方にも多い病気です。

ボトックスによる眼瞼痙攣治療

眼瞼痙攣や片側顔面痙攣の治療にはボトックス療法があります。


このボトックス療法は、緊張している筋肉に緊張をやわらげるお薬を注射することで痙攣や収縮の原因になっている神経の働きを抑え、緊張しすぎている筋肉を緩めるものです。


このボトックス療法は全世界で広く許可され用いられています。
日本では現在、眼瞼痙攣や片側顔面痙攣、痙性斜頸などの5つの病気の治療法として許可され、保険適用されています。

ボトックス療法の効果は概ね2~4カ月ほどです。


眼瞼痙攣改善に効果を発揮している期間には個人差がありますので、きちんと医師と症状を相談しながら治療を行います。
ボトックスが効きすぎで「目が閉じにくくなる」、「まぶたが下がる」などの副作用が起こることがありますが、いずれも一時的なものです。

このような症状が現れた時には、早めに西日暮里駅前こさか眼科にご相談ください。

クリニック概要

西日暮里駅前こさか眼科

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里5-14-1 太陽ビル4F

千代田線西日暮里駅2番出口より0分

フリーダイヤル 0120-53-2420

科目:眼科一般 ※生保・労災取り扱い


診療時間 日・祝
AM 10:00 - 13:00
PM 2:00 - 6:00
   

休診日 水曜・木曜・日曜・祝日