眼瞼下垂

menu

一般眼科

緑内障

白内障

加齢黄斑変性症

糖尿病網膜疾患

涙道疾患

眼瞼痙攣

眼瞼下垂

翼状片

結膜弛緩症

小児眼科

花粉症

眼と全身疾患の関係

オルソケラトロジーmenu

西日暮里駅前コンタクト

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

西日暮里駅前こさか眼科では眼瞼下垂に対する日帰り手術を行っております。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、上まぶたが垂れ下がって眼が開きにくくなり、視界が狭くなったり、物が見づらくなったりする状態を言います。


症状としては、無意識のうちにまぶたを開き視野を確保しようと、まぶたをつり上げ眼を見開いたり、あごを上げながら物を見るようになるため、慢性的に筋肉が緊張し、結果頭痛や肩こりの原因となります。


さらに症状が悪化すると吐き気やめまい、交感神経の疲労を促す事もあります。

眼瞼下垂の原因

眼瞼下垂の原因は、大きく先天性と後天性のものに分けられます。
先天性の眼瞼下垂は遺伝的要因により発生するとされており、筋肉・神経不全などが主な理由となっています。 後天性の眼瞼下垂の原因は様々なものがありますが、代表的なものとしては3つの原因が挙げられています。


1)加齢による影響

眼瞼挙筋・ミューラー筋などの瞼を持ち上げるのに関連している筋肉の筋力低下や、皮膚の張りがなくなってきてしまうことが原因となり、眼瞼が垂れ下がった結果、眼瞼下垂となります。


2)コンタクトレンズ装着による影響

コンタクトレンズを長期間使用していると、瞼に負担がかかることが多く、それらは眼瞼下垂の原因となることがあるとされています。


3)パソコンなどの利用

パソコンの利用環境が悪い場合や、長時間の利用により、目を酷使してしまうということも、眼瞼下垂の理由と考えられています。

眼瞼下垂の治療方法

当院では日帰り手術を中心とした治療を行っております。
また、安心して手術を受けていただけるよう、納得いただけるまで説明させていただきます。
他にもまぶたを切開して持ち上げる手法や、まぶたの筋肉を再固定する手法などがあります。


なお、当院での手術は美容(整容)目的ではありません。
なるべく傷が目立たないよう、なるべく自然な仕上がりになるように配慮しておりますが、あくまで機能回復を目的とした手術である事をご理解下さい。

クリニック概要

西日暮里駅前こさか眼科

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里5-14-1 太陽ビル4F

千代田線西日暮里駅2番出口より0分

フリーダイヤル 0120-53-2420

科目:眼科一般 ※生保・労災取り扱い


診療時間 日・祝
AM 10:00 - 13:00
PM 2:00 - 6:00
   

休診日 水曜・木曜・日曜・祝日